読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOMOIKU 共育-経営者が思う21世紀

経営30年で経験や想うをことを綴っています。センスある生き方や生活が彩られますように…

許しがたき解雇理由!納得できる解雇理由!挨拶でわかるヒトトナリ

f:id:tomoiku21century:20161214180547j:plain

 

 

許しがたき解雇理由!納得できる解雇理由!

 

年末になると営業や現場など忙しくなる上、年末調整など経理も忙しい。

忘年会のお誘いは正直お断りしたくなりますが、やはり長年共に歩んできた社長の方々のお話は、自分にとっていい情報も不愉快な情報も知っておくべきことが多いので参加します。

男ばかりの忘年会で数人しかいない女である私は古株に入ります。

若い社長の相談も受けるようになって現代の多くの問題を耳にしますが、会社側の勝手な許しがたい解雇理由に対して、「会社の経営を閉鎖」を勧めることもありますし、あまりにも酷い仕事をする従業員への対応に対して解雇も致し方ないという事例もあります。

 

 

許しがたき解雇理由

年末になると年末調整など、税に関わる業務内容も増えて、設立したばかりの会社にとって、業績を延ばすことだけを気にして経営をしていられないことが多くなります。

源泉徴収簿に扶養控除等申告書、保険料控除申告書、配偶者特別控除申告書、住宅借入金等特別控除申告書と従業員の生活の一部と触れることになるのですが、起業して予定より重くのしかかるのが「社会保険」と「厚生年金」です。

みなさんの給料から差し引かれている社会保険料と厚生年金は、同額を会社負担で支払っているのですが、結構この支払い金額が大きいと感じる会社が多いのです。

社会保険料と厚生年金は収入によって高くなるので、従業員の給料の値上げなんてできないという現実があるようです。

月総支給30万の給料の場合、健康保険・厚生年金・雇用保険として約4万差し引かれていると思いますが、更に同額を会社が負担して合計8万円を支払います。

月4万円は1年間でひとりあたり48万を会社が負担することになり、10人いれば480万です。

起業して3年の青年社長がこの支払が予定外だったとのことで、従業員から健康保険料として預かっているお金を運転資金として使用してしまったので困っていたのです。

社会保険料と税金は会社の義務です。

預り金を使用してしまうということは、横領罪であることを全くわかっていません。

起業して元気ハツラツだった青年社長だったのですが、健康保険料と税金で疲れ果てている様子でした。

リストラせざるを得ない人選の選択は、健康保険料が高く(給料が高い)まだ保険料を収めていない人をリストラしたとのこと。

社会保険料が払えないからリストラって、従業員は全く悪くない!酷すぎる!

この問題は零細企業にとっては深刻で、資金ショートで倒産する危険を持っている会社は想像以上に多いのです。

業務内容によっては、高級車によって社長の信用がつく場合もあるという日本ですが、自分を犠牲にできず我慢もできない、人に「挨拶」もせず敬意も払えない、守るべき者・守るべき事の意味がわかっていない会社が多く存在しています。

「俺様は社長である!」と挨拶もできない人に未来は微笑んではくれません。

華々しく見える“青年実業家”とされている人達の足元は崩れ、想像している以上に零細企業化されて瀕死な状態になっていることが多いのです。

解雇理由を知らされることなく解雇された従業員は、そのような会社に人生を賭けて長く在籍していることなく、早く転職できてよかった…と思っていますように…と切に願います。

報道されている「厚生年金負担逃れ75万社」は起業したばかりの会社だけではなく、もともとの零細企業も含まれていますので、みなさんの社会保険料と厚生年金が払われていない場合があります。

確認をしておくことも必要かと思います。

 

f:id:tomoiku21century:20161126112013j:plain

 

納得できる解雇理由

 

今度はどうしようもない従業員の話しで、ある社長が嘆いておりました。

会社の従業員が、「風邪をひいて病院に行きたいので出社が遅くなります」など、よくあることで何も悪くありません。

仮病でなければ…それも、毎月10日間位。もぉ子供か?!子供でもしない!

スキルが他の従業員よりもあることから勘違いをしているのか、人に対して大柄な態度で「挨拶」ができず、取引先にもタメ口、社会人としてあまりにも自覚がないことにビックリします。

会社側は本当に病院に行ったかどうか、健康保険組合からの確認通知で知ることができます。

会社負担として保険料を払うため、従業員が本当に存在し病院に通ったかという確認なのですが、病名などはわかりませんし、この守秘義務は個人情報保護法が施行される前から規定されている厳格なもので雇用主が情報を利用することもできません。

その仮病従業員はそのようなシステムを知らないから、仮病ができるのでしょう。

病院の使用経歴である確認通知が届かないために、保険証をちゃんと使用しているか?と確認したところ、「バリバリ使ってますよ!」と答えるようで…苦笑

病院の診断で1週間の休暇を必要とすると報告し休職していたようですが、実は会社には仮病であることがバレていて、会社側は解雇事由の証拠をまとめたようです。

彼はスキルがあると自負しているようで、給料も高く設定されているようですが、会社の規則が全く守れないという、社会人としては基本の礼儀がない上、忠告後も改善の余地なしとの判断で解雇要件が揃ったようです。

「就業規則の解雇事由に該当している」ということで、解雇予告もして解雇したようです。

このことは氷山の一角であって、学生時代は当たり前なことや誤魔化せたことが社会では通用しないことがあることを、自覚することから新人教育をしなければなりません。

 

f:id:tomoiku21century:20161214181523j:plain


社会の基本はすべてヒトトナリで決まる「挨拶」の重要性

 

社会の礼儀を知らずして自分はスキルがあると勘違いしている場合、始末に負えない。

そして、ありがちな話しとして、試験で得た知識によって「自分にはスキルがある」と勘違いしている人が非常に多いということ。

確かに◯◯資格を合格したのでしょう。

しかし、実務における問題解決能力はどうですか?

社会ではテストのように問題が発生するわけではないので、経験を積み上げることで手にしたスキルを生かすことができるのです。

資格を取得後、せめて数年は社会を学ぶ努力をして欲しいと思うのです。

よく「自分をアピールしましょう!」というメッセージを発信してのを目にしますが、実力がある人ほどアピールをせず問題解決能力があり、アピールしても問題解決能力がなく溺れてしまうケースが多いことも知っていただきたいのです。

発信している人の価値観と、そのメッセージを受け止めた人が同じように求めても、両者の社会に対する価値観に温度差がありすぎて、同じ結果にならないことが多いために、絶望してしまうのです。

 

自分をアピールして失敗する例として、ほとんど人間関係における態度の問題があります。

 

スキルがあると自信を持っている人はスキル不足の人に対して、「自分はあなたより仕事できますオーラ」を無意識に出していることがあり、それは外から見ているとあからさまに態度に出ています。

 

しかし、人間同士で仕事をしている以上、そこには「心」が存在しているのです。

 

「みんなより自分の方がデキるオーラ」を出して横柄な態度をとる人間に対して、人は応援する気持ちにはなれないし組織からは邪魔な存在となり、問題解決能力を持ち合わせていないと、失敗を願われるようになるので協力者が現れません。

 

結局応援されないデキるオーラ全開の人よりも、

不器用でも素直で人望のあつい人の方が、協力を得ることができ成長し評価されている

…という人間模様を多くみてきました。

 

これは起業したばかりの社長にも言えることで、自分が偉くなったつもりになって挨拶が偉そうな態度になっていくと、途端にその会社の業績が伸びなくなっているような気がします。

 

挨拶は「相手の存在を丁寧に認める行為」

…だと、私は思っています。


どんな立場の人だって、自分を丁寧に扱ってもらえたら嬉しいし、笑顔で挨拶をされたら爽やかな気持ちになる…そして、その人を大切にしたいと思うのではないでしょうか。

立場がどうの、スキルがどうの…を語る前に、人に敬意を払える心構えから人間関係がはじまり、仕事が円滑にこなせるような成人としての態度から、事のすべてがはじまるのではないでしょうか。

 

どんな立場であろうと…


素直であること。 謙虚であること。


それは生きていく上で、とても大きな財産になります。

 

大きかろうが小さかろうが会社は「人」によって動いています。


トップやリーダーの姿を見て、人はついてきてくれるので、業績が伸びない、営業が上手くできないと従業員や部下のことを嘆くより、まずは自分を律することが大切なのだと思います。